3月15日と28日に調布、3月17日に府中、そして4月17日に宇都宮へ、国際手話インストラクターのJuan(ファン)と副代表のペギーを派遣いたしました。

国際手話を学びたいという皆さんの希望に応えられるように、まずは国際手話に関するお話を行い、その後、グループに分かれて身振りで言葉を当てるゲームや、会話を交えた手話表現の練習、そして質疑応答といった内容の濃い国際手話講座を実施しました。参加者たちから笑いの絶えない講習会だったと聞いて、ほっとしています。

 

Juan曰く、栃木の講座にはなんと80名以上の方にご参加いただいたため、緊張感が半端なかったようです。しかし、時間が経つにつれ緊張も解け、スムーズに指導できたと喜んでいました。帰り際には宇都宮名物の餃子をいただき、大変ご機嫌でした。

 

ご依頼くださった主催団体の皆さん、ありがとうございました。

 

 

撫子寄合は、ご希望の場所へインストラクターを派遣いたします。皆さんの地域でもぜひ、企画を設けてみませんか?

ご連絡をお待ちしております。